Top
マッキーと私 2.
10月9日 土曜日、cELEBRATION初日。会場は大阪城ホール。

その前に神戸に寄り道。

RAI CAFEに行きたかったけど、旦那さまも大好きなので、また今度一緒に行く時のお楽しみにしようと思って
やめました。

気になっていたものがあり、LE GRENIERさんへ行く予定だったので、
近場のTRITON CAFEでランチ。



GRENIERさん隣の珈琲 んも、本当に雰囲気がよい、異国の香りがする場所。



TRITON CAFEで、携帯TEL撮影。カメラはお家に置いて来たことを少し後悔。
e0157421_22354129.jpg

雨降りの、車や人が行き交う通りって、何時間でも見ていられます。
昔から、とても好き。

でも、今日はボーッともしていられないので、席を立ちます。



もうひとつだけ急いでお店に立ち寄ってから、大阪へ。



着いた。
もう大阪城ホールは目の前。
e0157421_22481592.jpg
みんなコンサートへ向かう人。








・・・マッキーについての記憶・・・



高2の時、大好きになったマッキー。


それまで、シングルカットされたメジャーな曲は、TVや有線放送で馴染みがあったけど、
いい曲作る人だなぁ。くらいでした。


きっかけは、当時、中学生だった弟が、友達のカワムラくんから借りた、1st.と2nd.アルバム。

その日、弟が「槇原敬之、すごくいいんだって。聴いてみる?」と。
弟とふたりで聴いたら、ふたりとも、即座に、メロディーに惹き込まれました。
ふたりで「どしたん!? めちゃめちゃいいね〜!!!」と会話しながら、1曲ずつ聴いていったのを憶えています。

後で歌詞をじっくり読みながら聴き入ると、歌詞の良さにも気付きました。


いつの間にか、それとも始めからかも知れないけど、メロディーと歌詞だけでなく、
マッキーのアレンジと声、人柄、全部が好きに。



何年かして、マッキーからX'mas cardが届いた日は、
家に帰ると、家族が私を待っていました。
「マッキーから手紙が届いとるよ!! 早く開けてみて!!!」と。

焦って開けてしまって、封筒はビリビリ。

締めくくりの文章は、「これからも応援してもらえるように、ずっといい曲かくよ〜!」


ほんとに、その言葉通り、ずっといい曲を作っているマッキーを、変わることなく応援しています。

マッキーの曲作りのテーマは「100年後も聴いてもらえる音楽をつくること」。
私は、生まれ変わっても、マッキーの曲に出会いたいなぁと思っています。

e0157421_2243211.jpg

by lamp4sn | 2010-10-13 08:50 | マッキー
<< 撮影会 ♪ マッキーと私 1. >>



Lampの日々のこと。
by nae
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31